• このエントリーをはてなブックマークに追加

無料トライアルを使い最適なメール配信システムを見つける

オンラインでビジネスをする際に、メールマガジンを送付できると、売上が大きく上昇します。メールマガジンはブログと違い、非常にコアな情報を配信することができます。また、メールマガジンでは、受信者の同意のうえで送付が開始されるので、迷惑メールフォルダに入ることがほとんどありません。そのため、とても高い確率で、受信者にメールを読んでもらえます。新作商品に関する情報を、ブログよりもメールマガジンで優先的に配信することで、顧客の囲い込みをすることもできます。
オンラインでビジネスをするにあたって、メールマガジンは、とても使い勝手が良いものであり、多くの企業に使われています。しかし、多くのメールを一斉に配信するためには、メール配信システムに、登録する必要があります。

システムを決める前にお試し導入を

今では、多くの企業によって、メールマガジンを送信するプラットフォームが提供されています。しかし、各企業の提供するシステムの違いは、専門家ではない限り、よく分からないのが現状です。
多くの企業のメール配信システムには、お試し期間として、無料トライアルが用意されています。その期間中は、メールマガジンを配信しても、料金を支払う必要がありません。そのため、多くの企業のお試しに登録し、メールアドレスの登録数や使い勝手などを比較することで、最適なものを見つけることができます。
お試し期間中に解約しても、料金を支払う必要はありません。また、実際にメールを送信しなくても、お試しで登録してみることで、実際の雰囲気を味わうことができます。ただ、仮にお試しだけして、解約をするつもりの場合には、顧客に登録フォームを知らせないことが重要です。

お試し期間を利用して良いものを見つける

メール配信システムに登録をすれば、無料トライアル中でも、有料で登録する場合と同じ機能を使うことができます。そのため、始めから有望な候補を見込んでいるのなら、無料トライアル期間中に、使い方を覚えてしまうことが推奨されます。
お試し期間中なら、登録したシステムが使い勝手が悪くても、解約することで料金を支払わずにすみます。また、お試し期間中でも、顧客に対してメールを送ることはできます。そのため、有料登録が開始され、お金を支払う必要が発生する前に、メールマガジンで売上を獲得することも可能です。
メールマガジンを楽しみにしている顧客は多く、最低でも週に1回程度は、送付することが推奨されます。お試し期間を上手に利用することで、最適なシステムを見つけることが容易になります。

メルマガ配信はしているけれど、分析までは手が回らない・・・ そんな皆様の問題を解決します! マーケティングオートメーションに欠かせないオートメールやあらゆる分析機能も充実! メール配信頻度やメールアドレス数など、目的に応じた最適な料金プランをお選びいただけます。 「プライバシーマーク」「ISMSマーク」を取得し、個人情報保護やセキュリティ管理体制の整備・運用に努めています。 メール配信システムをもっと楽しく快適にするWill Cloud