• このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンにも対応したメール配信システムについて

ウェブマーケティングの手法の中にはコンテンツSEOがあります。コンテンツSEOはコンテンツマーケティングの手法でもあり、集客力を高める目的でコンテンツを充実させたものに最適化する事を意味しています。最近は、パソコンサイトだけでなくスマートフォンを利用したマーケティングも主流になっている事からも、コンテンツSEOは様々な機器への対応も必要になっています。 また、ホームページへの集客を行うと同時に、会員登録をしてくれたユーザーに対し、メール配信を行う事もユーザーにとって有益な情報を配信する事に繋がるなど、メール配信システムを導入する事はウェブマーケティングの中でも重要なものといえるでしょう。システムを導入するにあたり、コストや実績などを考慮して会社選びを行う事が大切です。

メールを一斉に配信するだけではありません

メール配信システムとは、予め送り先を登録しておく事が必要になりますが、登録された送信先にメールを一斉送信する、スケジュールに合わせて送信するなどのシステムの総称です。登録してあるメールアドレスを見てもメールを受信する端末を見分ける事は出来ません。携帯電話やスマートフォンなど、携帯会社のドメインであれば、端末を見分ける事は出来ても、ウェブメールなどをメインに利用しているユーザーの場合、パソコン端末になるのか携帯端末になるのかが分からないわけです。パソコンと携帯端末では見せ方なども変わるので工夫が必要になります。 配信システムの中には、ユーザーエージェントを基にして、端末毎にリンク型や添付型を自動で送り分けする機能を持つ製品もあり、こうしたシステムを利用する事で1つのコンテンツを一斉配信出来るようになります。

スマートフォンの場合も同じコンテンツで送信

端末別にメールを出し分け元になるユーザーエージェントの情報は、メールの開封やクリック、コンバージョンを測定する時のタイミングで最新情報を取得しているので、最新の情報を維持出来るメリットを持ちます。さらに、スマートフォン対応のメール配信システムにはユーザーエージェントを基にした自動送り分けが可能になるので、1つのコンテンツを制作しておく事でユーザーに有益な情報を送る事が出来る魅力を持ちます。 その仕組みと言うのは、ユーザーエージェント情報を基にして端末を判別する、判別の結果HTMLメールの画像をリンク型で送るのか、それとも添付型で送るのを自動的に判別した上で送信が出来るものです。こうした配信したシステムを利用する事は、ユーザーが見る環境に関係なくお得なメールマガジンを送信出来るメリットにも繋がります。